Journal

医療経済学会では、医療経済・医療政策及びこれに関連する諸問題の学術的研究の論文をまとめた学会誌・機関誌「医療経済研究」と「Asian Pacific Journal of Health Economics and Policy」を発行しています。


※詳細 及び バックナンバーをクリックすると、医療経済研究機構のWEBサイトに移動します。



論文の投稿を募集しています

次号に掲載する医療経済・医療政策研究分野の論文の投稿を募集しています。
・ 投稿者の条件はありません。
・ 採用された論文の掲載料金は無料です。
・ 投稿に際して記載いただいた個人情報は、当学会誌・機関紙の運営のみに利用させていただきます。

※医療経済研究機構のWEBサイトに移動します

学会論文賞について

学会論文賞は、医療経済学会誌「医療経済研究」に掲載された研究論文の中から同誌の編集委員会による選考を経て医療経済学会理事会で決定された論文に対して与えられるものです。賞状のほか、副賞として医療経済研究機構の提供により賞金が贈られます。



医療経済学会の英文機関紙である『The Asian Pacific Journal of Health Economics and Policy』における下記のテーマでの論文募集について


〇テーマ
・新型コロナ感染症が社会・経済に与えた影響に関する実証研究
・新型コロナ感染症が人々の健康に与えた影響に関する実証研究
・新型コロナ感染症に対する政策評価に関する実証研究
・その他、新型コロナ感染症関連の実証研究
〇締 切
2024年5月31日(金)17:00
〇掲載号(予定)
APJHEP Vol.6 No.1(2024 Fall)ないしは APJHEP Vol.6 No.2 (2025 Spring)


学会誌「医療経済研究」/APJHEPにて、医療経済分野における博士課程を修了した
研究者の論文概要(和文/英文)を掲載いたします。


【本企画の狙い】
 ・医療経済に関する研究者の対外的な認知度向上
 ・若手研究者への医療経済学会、機関誌(医療経済研究/APJHEP)の認知度向上
 ・若手研究者同士のネットワーク構築
 ・job marketにおけるNew Ph.D.各人の認知度向上
【対象者】
 ・直近過去2年以内(21~22年度)に医療経済分野における博士課程を修了した者
 ・学会員1名の推薦が必要で、対象者も学会員に加入していることが望ましい。  
【記載内容】(医療経済研究/APJHEPに、和文・英文にて掲載)
 ・博士号取得論文タイトル
 ・研究者名
 ・大学(学部)
 ・論文概要(和文/英文)
 ・その他、業績(本人の希望により代表的な論文・学会報告2-3点)
【今後のスケジュール】
 ・2023年9~12月頃 医療経済学会 学会員へアンケートを行い、新規研究者の確認
 ・2024年1月~2月 新規研究者への執筆打診
 ・2024年3月 機関誌(Vol.35 No.2)発刊

本企画へ掲載希望の方は、kikanshi@ihep.jp へ下記の申込書を送付ください
→ 〆切:2023年12月15日(金) に延長しました→ 締切りました 

【申込書】
  • New Ph.D. Overview 申込書.(wordファイル)


  • 編集委員(以上敬称略、順不同)

    • 編集委員長

      野口 晴子 早稲田大学 政治経済学術院 教授
    • 編集顧問

      • 池上 直己久留米大学医学部客員教授/慶応義塾大学名誉教授
      • 西村 周三京都先端科学大学 経済経営学部 教授 /
        医療経済研究機構 特別相談役
    • 編集委員

      • 菅原 琢磨法政大学 経済学部 教授学習院大学 経済学部 教授
      • 杉山 雄大国立国際医療研究センター糖尿病情報センター医療政策研究室長 /
      •  筑波大学医学医療系教授
      • 濱島 ちさと帝京大学 医療技術学部看護学科 保健政策分野 教授
      • 福田 敬国立保健医療科学院
        保健医療経済評価研究センター
        センター長
      • 安川 文朗京都女子大学 データサイエンス学部 教授
      • 康永 秀生東京大学大学院医学系研究科 公共健康医学専攻 臨床疫学・経済学分野 教授
      • 山田 篤裕慶應義塾大学 経済学部 教授


    Asian Pacific Journal of
    Health Economics and Policy

         

    ※You will be redirected to the IHEP website.

    The Asian Pacific Journal of Health Economics and Policy is an e-journal published by the Institute for Health Economics and Policy and the Japan Health Economics Association.

    This journal is a no-fee open-access peer-reviewed journal that accept articles on areas of health economics, health care policy, and health services research in a various context of healthcare systems, including non-Western settings. All the scholars in the area above are welcome to submit to the Journal.

    Journal Scope

    • 1

      Enhancing research in the area of health economics, health care policy, and health services research in the context of healthcare system with a specific demographic, social, and politico-historical background.

    • 2

      Setting an academic platform for scholars and other interested parties including policy makers to enhance discussion for evidence-based health policy making.

    • 3

      Promoting open exchange of views, theories, and opinions among all concerned with the various dimensions of healthcare systems to seek for an innovating integration of related disciplines for efficient and fair healthcare systems.

     

    The personal information provided at the submission will be used only for the operation of our journals.

    Instructions to AuthorsManuscript Submission and Specifications

    Call For Papers


    The Asian Pacific Journal of Health Economics and Policy, an e-journal published by the Institute for Health Economics and Policy and the Japan Health Economics Association, invites submissions for papers focusing on the following topics:
    〇Themes
    Empirical studies on the social and economic impact of the COVID-19 pandemic.
    Empirical studies on the impact of the COVID-19 pandemic on people’s health.
    Empirical research on policy evaluation of the COVID-19 pandemic.
    Other empirical research related to the COVID-19 pandemic.
    〇Deadline
    Friday, May 31, 2024, 17:00 (JST)、8:00(GMT)
    〇Issue (tentative)
    Papers accepted for publication will appear in either: APJHEP Vol. 6 No. 1 (Fall 2024), or APJHEP Vol. 6 No. 2 (Spring 2025)

    Editorial Committee Member

    • Editor-in-Chief

      Haruko Noguchi, PhDProfessor, Faculty of Political Science and Economics, Waseda University
    • Editorial Committee
      (Member List)

      • Takuma Sugahara, PhDProfessor, Faculty of Economics , Hosei University
      • Takehiro Sugiyama, MD PhD Chief, Division of Health Services Research, Diabetes and Metabolism Information Center, National Center for Global Health and Medicine / Professor, Faculty of Medicine, University of Tsukuba
      • Chisato Hamashima, MD PhDProfessor, Faculty of Medical Technology, Teikyo University
      • Takashi Fukuda, PhDDepartment Director, Center for Outcomes Research and Economic Evaluation for
        Health, National Institute of Public Health
      • Fumiaki Yasukawa, PhDProfessor, School of Economics and Business Administration, Kyoto Women‘s University
      • Hideo Yasunaga, MD PhD Professor, Department of Clinical Epidemiology and Health Economics, School of Public Health, the University of Tokyo
      • Atsuhiro Yamada, PhD Professor, Faculty of Economics, Keio University
    • Adjunct Editor

      • Jui-fen Rachel Lu, ScDProfessor, Dept of Health Care Management & Graduate Institute of Management, College of Management, Chang Gung University
      • Soonman Kwon, PhDProfessor, Seoul National Univesity School of Public Health
    • Adviser

      • Naoki Ikegami, MD, PhDProfessor Emeritus, Keio University / Adjunct Professor, Kurume University School of Medicine
      • Shuzo Nishimura, PhDProfessor, Facility of Economics and Business Administration, Kyoto University of Advanced Science / Executive Adviser of Institute for Health Economics and Policy (IHEP)