ABOUT US

医療経済学会(Japan Health Economics Association)は、医療経済、医療政策及びこれに関連する諸問題の学術的研究を行うことを目的とした学際的学術団体です。医療経済学の研究者を広く糾合し、医療経済研究の活性化を図るべく、2006年6月10日に「医療経済学会」として正式に設立されました。現在、医学や経済学をバックグラウンドとする研究者の他、医療経済に関係する諸分野(社会学、経営学、政治学、工学など)の研究者が、学会誌や研究大会を通じて、積極的な交流や活動を行っています。また、学会員の学問的研究に基づく政策立案や医療現場での実践という意味でも、大きな成果を上げつつあります。大学・行政・企業などにおいて研究をおこなっている関係者の方で、設立趣意に賛同する方々の積極的な参加をお待ちしております。

2019年度事業計画.pdf

学会設立の趣旨

21世紀の超高齢社会に入り、生命と健康に対する国民の関心は、かつてないほど高まっています。一方で、国民医療費が増加しつづける中、国民皆保険制度を維持しつつ、制度の持続可能性を維持することが課題となっています。こうした状況の下、医療の質の引き上げと医療の効率化の双方を達成することが求められています。

医療経済学の研究者を広く糾合し、医療経済研究の活性化を図るべく、2006年6月10日に「医療経済学会」として正式に設立されました。この学会が医療経済学の研究成果の発表の場として、広く研究者が交流する場となることで、その学問的成果に基づく政策や医療現場での実践が行われ、ひいては質の高い効率的な医療が提供されることを期待しています。大学・行政・企業などにおいて研究をおこなっている関係者の方で、設立趣意に賛同する方々の積極的な参加をお待ちしております。

設立趣意書.pdf

今中 雄一

京都大学大学院
医学系研究科 教授

会長メッセージ

医療経済学会は、医療と経済の研究者の交流の場として平成18年2月(2006年2月)に設立され、発表や討議を通じて切磋琢磨し合い、多くの学術的成果やそれらに基づく政策や実践等を生み出してきた。
現在、さらに少子高齢化、社会保障財源の逼迫、支え手不足の深刻化等が進み、次々に新しい課題が生じ、医療や介護の制度維持が危ぶまれている。今後、わが国では、諸課題を解決していく一方、課題解決先進国として世界に貢献することが求められている。
このような令和の時代を迎えた今、医療経済学の原点に立ち戻りその広範な研究活動領域を明確化し、健康・医療・介護の諸課題について、さらに多くの研究者、諸機関(研究機関、行政、企業)関係者が交流し協働できる場として、医療経済学会が力強く発展してゆくことをここに宣言する。

令和元年9月
医療経済学会会長 今中雄一

  • 会長今中 雄一京都大学大学院 医学系研究科 教授
  • 理事(50音順)
    • 池上 直己聖路加国際大学 公衆衛生大学院 特任教授
    • 池田 俊也国際医療福祉大学大学院 医学研究科 教授
    • 岩本 康志国立国会図書館 専門調査員
    • 遠藤 久夫国立社会保障 ・人口問題研究所 所長
    • 小林 廉毅 *東京大学大学院 医学系研究科 教授
    • 後藤 励 *慶應義塾大学 経営管理研究科 准教授
    • 鈴木 亘学習院大学 経済学部 教授
    • 田中 滋埼玉県立大学 理事長
    • 中村 洋慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 教授
    • 野口 晴子早稲田大学 政治経済学術院 教授
    • 橋本 英樹東京大学大学院 医学系研究科 教授
    • 伏見 清秀 東京医科歯科大学大学院 
      医療政策情報学分野 教授
    *総務担当理事
  • 事務局長鈴木 亘学習院大学 経済学部 教授
  • 監事安川 文朗横浜市立大学 国際総合科学部 教授
  • 名誉会員伊東 光晴京都大学 名誉教授

医療経済学会

〒105-0003 東京都港区西新橋1-5-11 第11東洋海事ビル2F
一般財団法人 医療経済研究・社会保険福祉協会 医療経済研究機構内 医療経済学会事務局
TEL:03-3506-8529
FAX:03-3506-8528

最寄駅

  • JR線[新橋駅]日比谷口から徒歩6分
  • 東京メトロ銀座線[新橋駅]7・8番出口から徒歩6分
  • 東京メトロ銀座線 [虎ノ門駅]9・10番出口から徒歩6分
  • 都営地下鉄三田線[内幸町駅]A4番出口から徒歩1分