IHEPについてABOUT US

研究員

土屋 瑠見子

研究員

要介護高齢者のQOL向上に資する在宅医療・介護・リハビリテーション制度の在り方について検討していきます。

研究分野

環境老年学、ヘルスサービスリサーチ、リハビリテーション医学

学 歴

2007年 金沢大学 医学部 保健学科 理学療法学専攻 卒業(理学療法士免許取得)
2013年 東京大学大学院 医学系研究科 公共健康医学専攻 専門職学位課程 修了
2017年 東京大学大学院 医学系研究科 健康科学・看護学専攻 博士後期課程 修了

職 歴

2007年 医療法人鉄蕉会 亀田メディカルセンター 理学療法士(~2011年)
2013年 東京大学高齢社会総合研究機構 学術支援専門職員(~2014年)
2013年 訪問看護ステーションけやきの木 理学療法士(~2015年)
2017年 Lund大学 Center for Aging and Supportive Environments 訪問研究員(~2017年)
2017年 公益財団法人 ダイヤ高齢社会研究財団 研究員(~2020年)
2020年 医療経済研究機構 研究部研究員

所属学会

日本理学療法学会、日本公衆衛生学会、日本在宅医療連合学会、日本老年医学会、日本応用老年学会、日本老年社会学会、日本ケアマネジメント学会

論 文

原著論文

  • 1.Mitsutake S, Ishizaki T, Tsuchiya-Ito R, Uda K, Teramoto C, Shimizu S, Ito H. Associations of hospital discharge services with potentially avoidable readmissions within 30 days among older adults after rehabilitation in acute care hospitals in Tokyo, Japan; Archives of Physical Medicine and Rehabilitation (epub ahead of print).
  • 2.Mitsutake S, Ishizaki T, Tsuchiya-Ito R, Teramoto C, Shimizu S, Yamaoka T, Kitamura A, Ito H. Association of pharmacological treatments for hypertension, diabetes, and dyslipidemia with health checkup participation and identification of disease control factors among older adults in Tokyo, Japan; Preventive Medicine Reports 17,3 2020.
  • 3.Tsuchiya-Ito R, Iwarsson S, Slaug B. Environmental challenges in the home for ageing societies: A comparison of Sweden and Japan. Journal of Cross-Cultural Gerontology; 34(3): 265-289, 2019.
  • 4.Tsuchiya-Ito R, Slaug B, Ishibashi T. The physical housing environment and subjective well-being among older people using long-term care services in Japan. Journal of Housing for the elderly; 33(4), 413-432, 2019.
  • 5.Honda C, Naruse T, Tsuchiya-Ito R, Yamamoto N, Nagata S: Home safety practices to prevent child injury and its association with family and children's daily routines in Japan: A cross-sectional study. Jpn J Nurs Sci 1-9, 2019.
  • 6.光武誠吾, 石崎達郎, 寺本千恵, 土屋瑠見子, 清水沙友里, 井藤英喜. 大都市圏における在宅医療患者の退院後30日以内の再入院に影響する医療施設要因.日本老年医学会雑誌 55(3), 612-623, 2018.
  • 7.玉井杏奈、大西弘高、野口麻衣子、土屋瑠見子、弘田義人、山中 崇、大島勝矢(2018).地域医療学実習における多職種模擬カンファレンスカリキュラムの開発とその改変プロセス、医療職の能力開発, 6(1):31-42.
  • 8.土屋瑠見子, 吉江悟, 川越正平, 平原佐斗司, 大西弘高, 西永正典, 村山洋史, 飯島勝矢, 辻哲夫. 在宅医療推進のための多職種連携研修プログラム開発:都市近郊地域における短期的効果の検証. 日本公衆衛生雑誌64(7),359-370, 2017.
  • 9.Kimura T, Yoshie S, Tsuchiya R, Kawagoe S, Hirahara S, Iijima K, Akahoshi T, Tsuji T. Cooperation between Single-Handed and Group Practices Ensures the Replacement of Gastrostomy Tubes and Tracheal Cannulas in Home Medical Care Settings. Tohoku J Eco Med, 241(3), 189-199, 2017.
  • 10.Kimura T, Yoshie S, Tsuchiya R, Kawagoe S, Hirahara S, Iijima K, Akahoshi T, Tsuji T. Catheter replacement structure in home medical care settings and regional characteristics in Tokyo and three adjoining prefectures. Geriatrics & Gerontology International 17(4):628-636, 2017. doi: 10.1111/ggi.12769.
  • 11.木村琢磨, 吉江悟,土屋瑠見子, 川越正平, 平原佐斗司. 在宅医療における医師・訪問看護師による胃瘻交換に関する調査. 在宅医学会雑誌 17(1), 11-19, 2015.
  • 12.Tajima M, Lee JS, Watanabe E, Park JS, Tsuchiya R, Fukahori A, Mori K, Kawakubo K. Association Between Changes in 12 Lifestyle Behaviors and the Development of Metabolic Syndrome During 1 Year Among Workers in the Tokyo Metropolitan Area. Circ J 78(5)1152-1159.2014.
  • 13.田島美紀, 李廷秀, 渡辺悦子, 高山真由子, 深堀敦子, 土屋瑠見子, 朴淙鮮, 片岡裕介, 森克美, 川久保清. 都内勤労者における血圧と各種健康行動との関連 ―性・年齢別の比較―. 厚生の指標 2013; 60(8), 1-8.
  • 14.Ogiwara S, Tsuchiya R. Job satisfaction among University of Kanazawa physiotherapy graduates. Journal of the Tsuruma Health Science Society 31(1), 35-44.2007

その他文章:抜粋

  • 1.土屋瑠見子. 要介護高齢者の残存能力を最大化する住環境評価指標に関する研究―なぜ日本で要介護高齢者のアクセシビリティを評価する必要があるのか―. Dia News No.99, p4-7, 2019. http://dia.or.jp/disperse/dianews/pdf/dianews_no99_03.pdf
  • 2.土屋瑠見子, 光武誠吾, 石崎達郎.要介護高齢者のリハビリテーションにおける環境の位置づけと現状の課題.Geriatr. Med. 57(1): 19-23, 2019.
  • 3.土屋瑠見子. 要介護度の改善に基づく報酬の課題. Dia News No.90, p3-6, 2017.
著書(書籍)
  • 1.池上直己, 石橋智昭, 高野龍昭[編著]:インターライ方式ガイドブック~ケアプラン作成・質の管理・看護での活用~. 医学書院 2017年12月、第4章「よくある質問に対する回答」分担執筆.
  • 2.東京大学高齢社会総合研究機構[編]: 地域包括ケアのすすめ―在宅医療推進のための多職種連携の試み. 東京大学出版. 2014年3月、第5章第1節「多職種連携の土台作り:2つの取り組み」分担執筆.
個人HP

https://researchmap.jp/rumikot0322/?lang=ja

IHEPについてABOUT US

Research Fields

Environmental Gerontology, Health Service Research, Rehabilitation Medicine

Education

Mar 2017 PhD, Graduate School of Medicine, University of Tokyo
Mar 2013 MPH, Graduate School of Medicine, University of Tokyo
Mar 2007 BSc (Physical therapy), University of Kanazawa

Academic & Professional Experience

Apr 2020 – Researcher, Institute for Health Economics and Policy
Mar 2017 – Mar 2020 Researcher, Dia Foundation for research on Ageing Societies
Mar 2017 – Jun 2017 Visiting researcher, CASE, Lund University
Jun 2013 – Apr 2015 Physical therapist, Home-visit Nursing Services Agency, Keyakinoki
Apr 2007 – Mar 2011 Physical therapist, Kameda Medical Center