IHEPについてABOUT US

研究員

北村 智美

研究員

在宅医療・介護領域におけるケアの可視化、質の評価、効率的な医療介護連携システム構築に向けた研究に取り組みます。在宅呼吸リハビリテーションの発展に向けた研究にも取り組んでおります。慢性疾患を抱える方が、症状とうまく付き合いながら穏やかに暮らせるよう臨床と研究の立場から支援したいと思います。

研究分野

高齢者看護、地域看護、在宅医療、呼吸リハビリテーション、ヘルスサービスリサーチ、レセプトデータベース研究

学 歴

2012年3月 東京大学 医学部健康総合科学科(看護師、保健師、助産師免許取得)
2018年3月 東京大学大学院 医学系研究科健康科学・看護学専攻 修士課程修了
2021年3月 東京大学大学院 医学系研究科健康科学・看護学専攻 博士後期課程修了
2021年3月 東京大学 「活力ある超高齢社会を共創するグローバルリーダー養成プログラム」(GLAFS) 修了

職 歴

2012年4月 東京大学医学部附属病院 呼吸器内科・神経内科病棟 看護師(~2016年3月)
2016年7月 一般社団法人 Neighborhood Care 訪問看護ステーションビュートゾルフ柏 非常勤看護師(~現在:休職期間あり)
2019年4月 日本学術振興会 特別研究員(DC2)(~2021年3月)
2021年4月 一般財団法人 医療経済研究・社会保険福祉協会医療経済研究機構 研究部 研究員(~現在)

所属学会

日本看護科学学会 、日本呼吸・ケアリハビリテーション学会 、日本公衆衛生学会、日本臨床疫学会 、日本老年医学会

調査研究報告書
  • 1.平成30年度厚生労働省老人保健事業推進費補助金(老人保健健康増進等事業分):訪問看護の情報標準化のための「訪問看護記録書Ⅱ」の記録・共有のあり方に関する調査研究(実施団体:一般社団法人 Neighborhood Care) 報告書.(事務局として参加)(2019年)
  • 2.厚生労働科学研究費補助金 (地域医療基盤開発推進研究事業): 在宅及び慢性期の医療機関で療養する患者の状態の包括的評価方法の確立のための研究総括研究報告書(研究代表者:飯島勝矢).(2020年)
論 文
  • 1.北村智美、上羽瑠美、上柳菜摘、荻野亜希子、岡田美紀、鈴木樹美、森浩美.嚥下調査票導入による看護師の摂食嚥下評価の変化.日摂食嚥下リハ会誌、22 (3) : 273-277、2018.
  • 2.北村智美、五十嵐歩、山内康宏、千住秀明、堀江健夫、山本則子.高齢慢性閉塞性肺疾患患者のセルフマネジメント行動の実態と息切れの程度による比較.日呼吸ケアリハ会誌、28(3): 393-400、2020.
  • 3.Kitamura S、Igarashi A、Yamauchi Y、Senjyu H、Horie T、Yamamoto-Mitani N. Self‐management activities of older people with chronic obstructive pulmonary disease by types of healthcare services utilised: A cross‐sectional questionnaire study. International Journal of Older People Nursing、15(3): e12316、2020.
  • 4.北村智美、五十嵐歩、吉江悟、森田光治良、城大祐、飯島勝矢、山本則子.高齢慢性閉塞性肺疾患患者の呼吸リハビリテーションの利用実態:医療介護レセプトデータ分析.日本老年医学会雑誌. 58(1): 111-118, 2021.
著 書
  • 1.上羽瑠美[編著]:見える!わかる!摂食・嚥下のすべて 神経・嚥下5期・アセスメント・検査・治療・食事が繋がる.学研メディカル秀潤社;2021年1月.第3章「嚥下障害を探る質問とケア」分担執筆.
学会発表

(主な発表)

  • 1.北村智美、千住秀明. 高齢慢性閉塞性肺疾患患者のセルフマネジメント行動の実態. 第28回呼吸ケア・リハビリテーション学会、千葉、11月、2018.
  • 2.Kitamura S、Igarashi A、Yamauchi Y、Senju H、Yanai H、Horie T、Yamamoto-Mitani N. Association between self-management behaviors of patients with chronic obstructive pulmonary disease and the types of healthcare services: cross-sectional questionnaire study、23rd congress of the Asian Pacific Society of Respirology、Taipei、Taiwan、November、2018.
  • 3.北村智美、森田光治良、城大祐、吉江悟.高齢COPD患者の呼吸リハビリテーションに関わるサービス利用実態:医療介護レセプトデータを用いた後方視的研究.第29回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会、名古屋、11月、2019.
  • 4.Kitamura S、Igarashi A、Inagaki A、Takaoka M、Noguchi-Watanabe M、Sakka M、Naruse T、Yamamoto-Mitani N. A New Approach to Develop Gerontological Nursing Care Quality Indicators、GSA 2019 Annual Scientific Meeting、Austin、USA、November、2019.
  • 5.北村智美、森田光治良、吉江悟、飯島勝矢.高齢COPD患者における在宅医療・介護サービス利用状況と入院との関連.第79回公衆衛生学会総会、京都(Web開催)、10月、2020.優秀口演賞受賞.
  • 6.北村智美、五十嵐歩、吉江悟、山本則子.訪問看護を利用する高齢COPD患者における2年間の入院率と死亡率:医療介護レセプトデータ分析.第40回日本看護科学学会学術集会、東京(Web開催)、12月、2020.
個人HP

https://researchmap.jp/satomikitamura

IHEPについてABOUT US

Research Fields

Gerontology Nursing, Home Health Care, Health Service Research, Pulmonary Rehabilitation

Education

Mar 2012 BSc, University of Tokyo (Registered Nurse, Public Health Nurse, Midwife)
Mar 2018 MSc, Graduate School of Medicine, University of Tokyo (Health Sciences)
Mar 2021 PhD, Graduate School of Medicine, University of Tokyo (Health Sciences)

Academic & Professional Experience

Apr 2012 - Mar 2016 Registered Nurse, The University of Tokyo Hospital
Jul 2016 - Registered Nurse, Home-visit Nursing Services Agency, Buurtzorg Kashiwa
Apr 2019 - Mar 2021 Research Fellow DC-2, Japan Society for the Promotion of Science
Apr 2021 - Researcher, Institute for Health Economics and Policy

Publications
  • 1.Kitamura S, Igarashi A, Yamauchi Y, Senjyu H, Horie T, Yamamoto-Mitani N. Self‐management activities of older people with chronic obstructive pulmonary disease by types of healthcare services utilised: A cross‐sectional questionnaire study. International Journal of Older People Nursing, 15(3): e12316, 2020.
  • 2.Kitamura S, Igarashi A, Yoshie S, Morita K, Jo T, Iijima K, Yamamoto-Mitani N. The pulmonary rehabilitation utilization rate among older people with chronic obstructive pulmonary disease in Japan: A retrospective study using medical and long-term care insurance claims data. Nippon Ronen Igakkai Zasshi. 58(1): 111-118, 2021.