HOME  >  研究員紹介  >  高久 玲音( Reo Takaku )

高久 玲音( Reo Takaku )

研究分野

医療経済学

学 歴

2007年 慶應義塾大学 商学部 卒業

2009年 慶應義塾大学 商学研究科修士課程 修了

2012年 慶應義塾大学 商学研究科後期博士課程 単位取得退学

2015年 慶応義塾大学 商学博士 

職 歴

2009年 (公益社団法人)日本経済研究センター 入社

2010年 同研究員

2012年 医療経済研究機構 研究員

2014年 同 主任研究員

所属学会

医療経済学会、公共選択学会、日本経済学会、財政学会、
International Health Economic Association

調査研究報告書

2014年版 ドイツ医療関連データ集

論 文

<査読有り>

  1. Takaku, R. (2016). Effect of Patient Cost-Sharing on Health Care Utilization among Low-Income Children. Accepted in Hitotsubashi Journal of Economics.
  2. Ando, M. and Takaku, R. (2016).Affordable False Teeth: The Effects of Patient Cost-sharing on Denture Utilization and Subjective Chewing Ability, The B.E. Journal of Economic Analysis & Policy (Contributions). 16(3), 1387-1438.
  3. Takaku, R. (2016). Effects of Reduced Cost-Sharing on Children's Health: Evidence from Japan. Social Science & Medicine. 151, 46-55.
  4. Terasawa T, Nishida H, Kato K, Miyashiro I, Yoshikawa T, Takaku R and Hamashima,C (2014). Prediction of Gastric Cancer Development by Serum Pepsinogen Test and Helicobacter pylori Seropositivity in Eastern Asians: A Systematic Review and Meta- Analysis. PLoS ONE 9(10):
  5. 高久玲音(2014). 児童手当が両親の心理的健康に与える影響:中低所得世帯における検証. 季刊社会保障研究. 50(4), 433-445.
  6. 高久玲音(2011). 危険を伴う職場に対する労働供給: 介護労働者の罹災に関する実証分析. 日本経済研究64, 77-94.
  7. 高久玲音(2011). 自治体はがん検診の受診率を向上させたいのか?: 個別検診の実施に関する実証分析. 医療と社会21(3), 249-264.
  8. 高久玲音(2009). 夜勤労働の均等化差異―介護労働市場における実証分析―. 季刊社会

<査読無し>

  1. 高久玲音(2010). 人工透析患者における医療サービス利用:北海道X 市における検証. IPSS Discussion Paper Series No.2010-J04
  2. Reo Takaku(2012). Labor Supply in Workplaces with Inherent Hazards. Japanese Economy. 39(1), 72-104.
  3. 高久玲音・別所俊一郎(2014). 医療保険・医療需要・健康指標:1971 年保険医総辞退のケース. 慶應義塾大学経済研究所ディスカッションペーパー DP2014-006
  4. Reo Takaku, Shun-ichiro Bessho, Shuzo Nishimura, and Naoki Ikegami (2014). Fiscal Disparities among Social Health Insurance Programs in Japan. [Universal Health Coverage for Inclusive and Sustainable Development: Lessons from Japan: Editor Naoki Ikegami],World Bank Publications.Washington DC, United States.
  5. 別所俊一郎・高久玲音. (2014)「公的健康保険における保険料差・安定化・再分配」『三田学会雑誌』107(4),129-145.

学会発表

*本人口頭発表のみ

  1. 公共選択学会, 拓殖大学. 2016年12月.
  2. 政策モデリング・ワークショップ, 政策研究大学院大学. 2016年10月.
  3. 医療経済学会, 早稲田大学. 2016年9月.
  4. Summer Workshop of Economic Theory, 小樽商科大学. 2016年8月.
  5. European Association of Health Economics, Hamburg. 2016年7月
  6. 九州大学リサーチワークショップ, 九州大学.2016年7月 . 
  7. 日本経済学会,名古屋大学. 2016年6月
  8. 日本経済学会,上智大学. 2015年10月.
  9. 医療経済学会,京都大学. 2015年9月.
  10. International Institute of Public Finance, Dublin. August, 2015.(英語)
  11. International Health Economic Association, Milan. July, 2015.(英語)
  12. 関西労働研究会,大阪大学. 2015年5月.
  13. 東京労働研究会,東京大学. 2015年4月.
  14. The 7th Japan-South Korea-Taiwan Tri-Country Joint Health Economics International Conference, Taipei. March, 2015. (英語)
  15. 応用計量経済学カンファレンス,大阪大学. 2014年11月.
  16. 日本財政学会,中京大学. 2014年10月.
  17. 日本経済学会,西南大学. 2014年10月.
  18. 第9回,医療経済学会,東京大学,2014年9月.
  19. International Health Economic Association, Dublin, July, 2014. (英語)
  20. 日本経済学会,同志社大学. 2014年6月.
  21. 「企業・従業員マッチパネルデータを用いた労働市場研究」研究会,経済産業研究所. 2014年6月.
  22. 外部若手研究者による``健康・医療と経済''セミナーシリーズ,慶応義塾大学. 2014年4月.
  23. 公共経済ワークショップ, 一ツ橋大学. 2013年11月.
  24. 第8回,医療経済学会,学習院大学. 2013年9月.
  25. International Health Economic Association, Sydney,July, 2013. (英語)
  26. 日本経済学会,富山大学. 2013年6月(ポスター).
  27. World Bank Human Development Learning Week, Washington DC, February, 2013. (英語)
  28. Janet M. Currie教授招聘研究会 国立社会保障人口問題研究所. 2013年1月. (英語)
  29. 第6回,医療経済学会,法政大学. 2011年9月.
  30. 第14回公共選択学会,慶応義塾大学. 2010年6月.

個人HP

https://sites.google.com/site/reo1984takaku/home

TOP