HOME  >  IHEPの概要  >  概要

概要

医療経済研究機構 概要

医療経済研究機構は、わが国における医療経済および医療・介護政策に関する研究を促進することを目的とし、医療・介護政策の発展・向上に資するために、経済学などの手法により、さまざまな事象を実証的に研究しております。あわせて、医療経済等に関する情報の収集・蓄積ならびに普及啓発、この分野における専門的研究者の育成、さらには医療産業関係者の研修等も行っております。
1993年(平成5年)に厚生大臣認可の法人として設立され、1999年(平成11年)に「財団法人 社会保険福祉協会」と統合し、「財団法人 医療経済研究・社会保険福祉協会」となり、2011年(平成23年)4月、新公益法人制度の下で一般財団法人への移行認可を受け「一般財団法人 医療経済研究・社会保険福祉協会」となりました。

所長 西村 周三
副所長 辻 哲夫 
所在地 一般財団法人 医療経済研究・社会保険福祉協会 医療経済研究機構
〒105-0003
東京都港区西新橋1丁目5番11号 11東洋海事ビル2F
TEL 03-3506-8529  FAX 03-3506-8528

協会概要

名称

一般財団法人 医療経済研究・社会保険福祉協会

設立

1964年(昭和39年)12月28日(2011年(平成23年)4月1日 一般財団法人へ移行)

沿革

当協会は、社会保険制度の普及発展と社会保険被保険者等の福祉の増進を図ることを目的として、1964年(昭和39年)に設立された「財団法人 社会保険福祉協会」と、わが国の医療経済および社会保険制度に関する研究促進を目的として、1993年(平成5年)に設立された「財団法人 医療経済研究機構」が1999年(平成11年)に統合してできた法人です。
2011年(平成23年)4月、新公益法人制度の下で一般財団法人への移行認可を受け「一般財団法人 医療経済研究・社会保険福祉協会」となりました。

目的

医療経済研究機構はわが国における医療経済および医療・介護政策に関する研究を促進することを目的とし、医療・介護政策の発展・向上に資するために、経済学などの手法により、さまざまな事象を実証的に研究しています。あわせて、医療経済等に関する情報の収集・蓄積ならびに普及啓発、この分野における専門的研究者の育成、さらには医療産業関係者の研修等も行っています。

主な事業内容

・医療経済及び医療・介護制度に関する調査研究事業
・医療経済に関するシンポジウムおよび各種研究会の開催等の普及啓発事業
・内外の医療経済等関連情報の収集・整理および研究者育成等の基盤整備事業
 上記3事業の詳細はこちら(医療経済研究機構)

・健康食品フォーラムの開催、健康食品の安全性等に関する研究啓発事業
・訪問介護事業者、従事者等の人材育成および調査研究等
・年金被保険者住宅融資転貸貸付債権の管理回収等事業
 →上記3事業の詳細はこちら(一般財団法人 医療経済研究・社会保険福祉協会)

TOP