HOME  >  事業紹介  >  調査研究事業

調査研究事業

医療経済研究機構では、わが国のヘルスケア政策に関する研究機関として、医療・介護・健康増進・疾病予防も含む「ヘルスケア」全般を研究領域として、さまざまな調査研究事業を行っています。重点的な研究分野は以下の6分野になります。

医療費・介護費に関する研究

毎年増加している国民医療費を中心に、マクロ的な視点から医療費・介護費の動向、医療費の増加要因の分析等の諸問題に取り組んでいます。医療制度改革、介護保険制度の見直しの議論の中で、近年注目されている分野であり、政策的提言にむすびつく研究を進めています。

診療報酬・介護報酬に関する研究

診療報酬体系・介護報酬体系の在り方を検討するための基礎的研究を行っています。具体的には、医療費の原価に関する研究、重症化予防の経済的評価に関する研究、薬剤政策に資する研究等の広範な課題に取り組んでいます。

ヘルスケアの提供体制に関する研究

地域におけるヘルスケアの提供体制の在り方に関する検討などを行っています。また、「健康日本21」の推進など近年ますます重要性を増している健康増進にかかわる研究も実施しています。

医療・介護サービス提供施設に関する研究

近年、医療施設・介護施設の運営についての関心が高まっており、これからの施設におけるサービス提供の在り方や、施設運営等についての研究を行っています。

ヘルスケア産業に関する研究

医薬品、医療機器等、ヘルスケアを取り巻く産業組織論や経済的評価、経営指標等の研究を行っています。

諸外国のヘルスケアに関する研究

欧米諸国をはじめとする諸外国の医療・介護制度に関する基礎的な情報の収集・整理や、国際比較研究等に取り組んでいます。

調査研究報告書の一覧はこちら

調査研究報告書一覧

厚生労働省老人保健健康増進等事業について

研究倫理審査委員会

詳しくはこちら

「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に基づき情報公開を行い実施する研究

「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針(平成26年文部科学省・厚生労働省告示第3号)」に基づき、医療経済研究機構が他の機関から既存試料・情報の提供を受けて実施する研究についての情報を公開します。

平成30年度研究

研究活動・公的研究費の適正な運営・管理

研究活動における不正行為への対応

研究活動における不正行為への対応に関する規程

研究活動における不正行為に係る申立て及び相談の受付窓口

公的研究費の適正な取扱い

科学研究費補助金等取扱規程

科学研究費補助金等を支出する物品契約等の取引停止等に関する取扱要領

公的研究費不正防止計画

公的研究費の適正な運営・管理に係る相談及び通報の窓口

データの共同利用について

 一般財団法人医療経済研究・社会保険福祉協会 医療経済研究機構は、株式会社日本アルトマークが管理・運営するメディカルデータベース(MDB)を共同して利用いたします。

 共同して利用される個人データの項目、共同して利用する者の範囲、利用する者の利用目的、個人データの管理について責任を有する者については、株式会社日本アルトマークのホームページ(https://www.ultmarc.co.jp/contents/PrivacyPolicy.html)をご覧ください。

 ただし、当機構は、個人を特定できるデータは共同利用しておりません。

TOP