超高齢・人口減少社会を迎えている今、医療や介護の分野での限りある公的資源も念頭に置き取り組まねばならないのは、高齢期においてできる限り心身の自立の維持を目指すことである。そのためには、近年提唱された新たな概念「フレイル」を十分に理解し、産官学民連携のまちづくりの中で、フレイル予防・フレイル対策を具体的に実践していくことが鍵になる。
 フレイル予防啓発に関する有識者委員会は、フレイルの概念及びその特徴と構造を確認したうえで、ポピュレーションアプローチに主眼を置いたフレイル予防の体系的かつ統一的な声明を科学的根拠に基づきまとめるとともに、産官学民一体となって科学的根拠を踏まえたフレイル予防のポピュレーションアプローチに取り組むべきとの提言を行うものである。そして本提言が、行政や産業界をはじめ、幅広くフレイル予防のポピュレーションアプローチに取り組む担当者にも周知されることを期待する。

フレイル予防啓発に関する有識者委員会

 


※無断転載を固く禁じます[Unauthorized reproduction is strictly prohibited.]

 


 

 

 フレイル予防のポピュレーションアプローチに関する声明と提言(本文、別添、参考資料及び委員等名簿)  



 フレイル予防のポピュレーションアプローチに関する声明と提言(審議関連資料)  

 

 

 

 

このページについてのお問い合わせは下記までお願いいたします。

一般財団法人 医療経済研究・社会保険福祉協会 医療経済研究機構
担当:政策推進部   E-mail :frail.yobo@ihep.jp