HOME  >  研究助成制度

研究助成制度

2016年度(第20回)医療経済研究機構研究助成 採択研究 (選考結果)

第20回となる2016年度研究助成には、(A)指定課題研究助成 16件、(B)若手研究者育成研究助成30件、計46件の応募がありました。選定委員が作成した評価表をもとに合議の上で選定を行った結果、下記の6件の研究計画が採択されました。なお、研究助成総額は7,309千円となりました。採択となった研究は2017年9月に終了し、2017年10月以降の「Monthly IHEP」に研究報告要旨が掲載される予定です。


(A)指定課題研究助成
氏名 所属機関 役職 研究テーマ
今釜 史郎  名古屋大学医学部        
整形外科
講師   中高齢者におけるフレイルと認知症の
転倒への関連―転倒予防と医療経済効果の検討

(B)若手研究者育成研究助成
氏名 所属機関 役職 研究テーマ
酒井 未知 京都大学大学院
医学研究科社会健康医学系専攻
健康情報学分野
研究員 大規模レセプトデータベースを用いた高齢者終末期医療の実態解明
宮脇 敦士 東京大学
医学部社会医学専攻
公衆衛生学教室
大学院生 事後給付による医療費助成が就学期児童の医療需要に与える影響:長崎県における実証研究
岩本 哲哉 東京大学医学部附属病院
国立大学病院データベースセンター
特任助教 リハビリテーション医療への質に基づく支払い(pay-for-performance)導入の効果検証と医療経済評価
山口 健太郎 近畿大学
建築学部
准教授 高齢者施設における介護単位のあり方に関する研究
姜 英 産業医科大学
産業生態科学研究所
健康開発科学研究室
助教 わが国の職場の全面禁煙化で期待される経済効果の評価 ‐喫煙率5%減少により削減される特定保健指導費用および医療費の推計 –

 

過去の採択テーマ一覧

TOP