HOME  >  JHEAの概要  >  学会設立について

学会設立について

学会設立の趣旨

21世紀の超高齢社会に入り、生命と健康に対する国民の関心は、かつてないほど高まっています。一方で、国民医療費が増加しつづける中、国民皆保険 制度を維持しつつ、制度の持続可能性を維持することが課題となっています。こうした状況の下、医療の質の引き上げと医療の効率化の双方を達成することが求 められています。

医療経済学の研究者を広く糾合し、医療経済研究の活性化を図るべく、2006年6月10日に「医療経済学会」として正式に設立されました。 この学会が医療経済学の研究成果の発表の場として、広く研究者が交流する場となることで、その学問的成果に基づく政策や医療現場での実践が行われ、ひいて は質の高い効率的な医療が提供されることを期待しています。大学・行政・企業などにおいて研究をおこなっている関係者の方で、設立趣意に賛同する方々の積極的な参加をお待ちしております。

TOP